スカリーLの手記 -Shikaree L memoirs a note-

FF11の猫鯖で活動する猫ナのくだらないブログです。 ……これでいいかな?(笑) 見てくれる人に敬礼!(・ω・)ゞ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「つらい過去」-002

つらい過去-002

私の住んでいた家にコメと一緒に戻ると、そこら辺煤けてはいるが用品等は手付かずのままだった。
コメが水の区で釣ったピピラに塩をまぶして左手に持ち、炎のクリスタルを右手に持ち心を落ち着かせて『調理合成』を始める。
15分程してメープルテーブルの上にはピピラの姿焼き、プンパニッケル、エメラルドスープ、アップルジュースが並んだ。
半日振りの食事を目の前にコメは先程から涎をダラダラさせて何か呟いている。
「ごは~ん・・・美味しそう・・・じゅるり・・・( ☆Д☆)」
精霊への感謝を早々に済ませ、冷めない内に食べ始める。
半分くらい食べて落ち着いたのかコメが口にピピラ、ブルーピースを詰めたまま喋り出した。
「るな~ もぐもぐ 今日一緒に寝ても ずずず~ いい?」
内心食うか喋るかどっちかにしろと思った。 (´・ω・`)
しかし、今日は色々あって私も心細かったので二つ返事で了承した。
これから起こる悲劇も知らずに・・・。

003に続く
スポンサーサイト
月の血族 | コメント:0 |
<<「つらい過去」-003 | ホーム | (´・ω・`) うーん>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。