スカリーLの手記 -Shikaree L memoirs a note-

FF11の猫鯖で活動する猫ナのくだらないブログです。 ……これでいいかな?(笑) 見てくれる人に敬礼!(・ω・)ゞ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「つらい過去」-003

つらい過去-003

静かな家でモソモソ動く二つの人影(猫影?)。
私はパジャマを着込み、コメの着替えが終わるのを待つ。
が、コメはお気に入りの寝巻きである母親作の拳法着一式の「下ばき+1」で片方に両足を通し、頭から転倒する始末・・・。
「( iдi ) いったーーーぃ!」
そりゃ痛いだろうな・・・。鈍くゴッて音鳴ったし・・・。
氷のクリスタルを三尺手拭で軽く包み、ぶつけた所に当てながらコメの着替えが終わった。
マホガニーベッドに二人で寝転がり、「おやすみ」と言ったが返事が無い・・・。
コメの顔の方を見ると既に鼻提灯を出して爆睡していた。
私もウトウトし始めた時の事だった。コメが寝返り?際に寝言で「ばっくはんどぶろーぉ」と叫びながら本気の裏拳を放つ。
ただの寝言と思っていた私は綺麗に鳩尾に裏拳を入れられてしまった。
・・・・・!!」言葉にならないとは、この事と言わんばかりの痛さで
声も無くもがいていると「くぅーめぇーけぇーん」と正拳突きが放たれ、見事にクリーンヒット。
ぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉおっぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ
口と鼻の中で鉄の味と臭いがした・・・。
鼻にティッシュを詰めてベッドに戻るやいなや「そーりゅーきゃくー」と二段蹴りを頭に喰らいベッド外で気絶してしまった・・・。

004に続く
スポンサーサイト
月の血族 | コメント:0 |
<<(´・ω・`)ろくしゅーねんきねんクポー | ホーム | 「つらい過去」-002>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。